宇宙ロケットZ9号

提供:チャージマン研!Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

宇宙ロケットZ9号(うちゅう-ごう)とは、「チャージマン研!」の第28話である。

本編[編集 | ソースを編集]

登場人物[編集 | ソースを編集]

あらすじ[編集 | ソースを編集]

ここはロケット工場。馬鹿でかい工場の中で宇宙ロケットが次々と製造されていた。製造に携わっているのはほとんどがロボットで、彼らは人間の技師の指示を受け働いていた。宇宙利用という平和利用のため、 ロケットが「一分の狂いも無い点検に点検を重ねられて」製造されていた。

工場の外で、技師長である山村博士は怪しい男たちと取引をしようとしていた。監視の目を潜り抜け持ち出した新型ロケットZ9号の図面を男たちに見せ、男たちが100億円を持ってきたことを確認する博士。男たちは図面を受け取るが、 山村博士は持っていた光線銃で男たちを殺す。博士は図面を取り返し、100億円を自分のものにした。

工場に戻っていた博士に、航空局の人間が訪ねてきたと秘書が伝える。奇妙に思いながらも向かうと、そこにいたのは航空局の人間ではなく殺した男たちの仲間だった。Z9号の図面を要求する男たちと男たちから逃げる博士。 ロボットたちが阻止しようとするが、男たちが目から放った光線により次々に消されていく。

倉庫に逃げ込んだ山村博士。しかし男たちはすぐそこに迫っていた。絶体絶命の博士はその場に居たに気づき、助けを求める。「あなたは、人類を裏切ろうとした」。研は工場長からの密命を受け、博士の怪しい行動を探っていた。 博士が男たちから奪った100億円は、銀行から盗まれたものだった。そうしているうちに、2人は男に周囲を取り囲まれていた。研は変身し、男たちをアルファガンで次々とやっつける。彼らはジュラル星人だった。 一人の男が研を背後から襲おうとする。そこに博士が箱を投げつけ、研はアルファガンで男を攻撃した。

警察に連行される博士。美味しいものを差し入れに行くことを約束し、研は山村博士を乗せたパトカーを見送る。上空をZ9号が飛び去っていった。

内容について[編集 | ソースを編集]

  • 研の「上から目線」が際立つ回。「おい、助けてくれ!」と怯える山村に対して眉ひとつ動かさずに、高い所に腰掛けたまま「あなたは、人類を裏切ろうとした」と言い放ち、ラストの会話でも「ぼく、時々、おいしいものを差し入れに行きますよ」と言ってみたりとその態度は発揮されている。また、雄一少年等は見逃しておきながら山村博士だけ警察へ突き出したのも疑問に残る(博士自身が自首したとも考えられるが)。
  • 男たちが「山村!」と叫んで博士を追いかけるシーンは刑事ドラマを連想させる。
  • 研の「上から目線」のウザさ等が余韻に残るチャー研らしい回でもあり、ツッコミ所があまり無く綺麗に纏まっているというチャー研らしくない回でもあった。

一分の狂いも無い点検に点検を重ねられて[編集 | ソースを編集]

冒頭の馴れーションのセリフより。おかしな日本語だが、「一分の狂いも無い」というのは、ロボットが作業しているのだから高い精度を維持できる、という意味だろうか。「点検に点検を重ねられて」というのは、何重にも品質がチェックされているということだろうか。

作中でロケット製造に携わっているロボットは

  • 部品の製造ラインの途中に置かれているモニター付き検査装置?に向かい、流れている部品を検査?しているロボット
  • 溶接作業?を行っているロボット

しかいない。これだけ見せられて「~分かるだろう?」と言われてもわからないのだが。

台詞[編集 | ソースを編集]

宇宙ロケットZ9号の台詞書き起こし

余談[編集 | ソースを編集]

山村博士が航空局の人間の待つ場所へ向かう際に乗っていた乗り物のデザインが、ゲーム「ファンタジーゾーン」シリーズの主人公オパオパに酷似している。

前回・次回リンク[編集 | ソースを編集]