100億円

提供:チャージマン研!Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

100億円とは

  1. チャージマン研!』28話「宇宙ロケットZ9号」に登場した取引金額。
  2. 透明少年探偵アキラ』に登場した推測の金額。

チャー研での概要[編集 | ソースを編集]

『チャージマン研!』28話「宇宙ロケットZ9号」で、山村博士がZ9号の設計図の横流しの際に要求した金額。取引相手は人間に化けたジュラル星人であるが、山村博士は100億円を受け取った後に、ジュラル星人をアクアフレッシュ光線で殺害し、設計図も取り返している。つまり、彼は初めから取引をするつもりが無かったのである。取引相手の正体を知っていたかは不明だが、いずれにしても相当な極悪人である。

なお、山村博士はこの後、100億円は取引の前日に銀行から盗まれたものである事を泉研より知らされている。こんないかがわしい取引をする時点で相手が真っ当な手段で100億円を用意する連中ではない事は容易に想像でき、ジュラル星人ならば猶更である気がするが、山村博士はその事実にショックを受けていた。

なお、山村博士が受け取ったのはアタッシェケース1つであり、どう見ても100億円が収まるようには思えない。もし1万円札ならば、100億円ではケースの大きさはベッド程、重さ1トンにもなり、とても持ち運ぶ事は出来ない。2074年ではインフレが進み、100万円札が登場しているのだろうか?ちなみに、チャー研放送時の1974年と2018年の消費者物価指数を比較すると、金額にはほぼ倍の差が生じる為、当時の感覚での100億円は2018年での200億円に相当する。

アキラでの概要[編集 | ソースを編集]

『透明少年探偵アキラ』で、モナ・リザ盗難のニュースを観ていたスミレが日本政府がフランスに対して払うだろう賠償金の推定額。正確には「日本政府はきっと、モナ・リザの代償として、100億円くらい払わされるかもしれないわよ」と言っていたので、正確に100億円というわけではなく、また単なる推定である。このセリフでは直後「大変ね」と言っているが、その時のスミレの突き放したようにも聞こえる口調から、字幕では「大変ね (他人事)」と書かれる事が多い。

なお、Z団がモナ・リザの引き換えとして日本政府に要求した金額は1000億円であった。

その他[編集 | ソースを編集]

モナ・リザは、フランス政府によって売買が禁止されている関係で、実際には値段が付けられていないが、1962年にモナ・リザをアメリカ合衆国で公開する為に貸与するにあたり、保険金を算出する為の評価額が出されたが、この時に出された金額は1億ドルであった。このあまりに高額な査定額に、保険の受け手が誰も出る事が無かった事からモナ・リザ本体に保険金はかけられず、代わりに警備を強化する為に費用が費やされたようである。

1億ドルと言う評価額は、2018年では6億5000万ドル、715億円に相当する。1974年に直すと347億円ほどになるので、100億円くらいでは全然足りない事になる。実際にオークションで取引された最も高額な絵画は、モナ・リザの作者でもあるレオナルド・ダ・ヴィンチの『サルバトール・ムンディ』の2018年での落札額、4億5031万2500ドル (約508億円) である事から、モナ・リザはそれより高額な絵画でもある。

関連項目[編集 | ソースを編集]