DA

提供:チャージマン研!Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

「DA」とは、登場人物の台詞の語尾の「だ」を強調したものである。

概要[編集 | ソースを編集]

チャージマン研でよく使われる言葉。

この作品の人物は何故か会話の語尾の「~なんだ」などの最後の部分を強調して言う癖がある。それを文章にて表現するため、この部分をローマ字にしているのである。 他にも「頭の中にダイナマイト」の「うん、大好きさ」も「大好きSA!」と、「透明少年探偵アキラ」の「傑作だわい」も「傑作だY!」と強調されている。 チャーケニストにとって、会話の最後を「DA」にするのは最低限のマナーとなっている。