昆虫学者

提供:チャージマン研!Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

昆虫学者とは、第3話「蝶の大群が舞う」に登場したキャラクター。

概要[編集 | ソースを編集]

昆虫学者.png

本編冒頭、記者たちの前でサンダラパレス・アグリアスについて解説していた学者。「え゙ー」のように発音が悪い。全く色彩も形状も異なる2種の蝶を「随分と似ている」と。また、記者の質問に対し、「多分どこかにいるでしょう。だがその他一切の事は分かりません!」と答えた。そのためか、「透明少年探偵アキラ」の古川所長と並ぶ二大無能人物と言われることも。

顔が(元)大阪市長、日本維新の会代表代行の橋下徹氏に随分と似ている。(チャー研の中では)なかなかイケメンなほうである。ちなみにDVD版では「蝶の大群が舞う」が第1話となっているため、最初に本編に登場する人物となっている。

絵コンテでは「科学者」という名前である。

注釈[編集 | ソースを編集]