怪奇!ろう人形館の台詞書き起こし

提供:チャージマン研!Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

(目覚まし時計のベル)
音吉「あぁ~…」
(目覚まし時計を叩く音)
音吉「えいっ!」
(電気スタンドで時計を叩く音)
音吉「はぁ…」
(ドアが開く音)
音吉の母「音吉、音吉起きなよ」
音吉「今日は休むよお」
音吉母「だめだよ、館長さんに叱られるじゃないか」
音吉「勤めなんか行きたかねえ!」
(布団をめくる音)
音吉「やだよお」
(ビンタの音)
音吉「あっ…」
音吉の母「どうしてお前はそういくつになっても怠け者なんだよ本当に」

馴れーション「ここは、蝋人形館。君たちの中にも、行った人がいるだろう?昔偉かった人、有名だった人、いろんな人たちを蝋人形にして、陳列してあるんだ」
客たち「わぁー」「すごいねぇ」「生きてるみたいね」「これもお人形なの?」「わぁこれすごい」「なんか動き出すみたいだなぁ」
音吉こんなの見たって面白くないのに、よくも飽きもせずに来るなあ。寝ていた方がよっぽどいいのに」
(あくび)
バリカン「あら?研坊この人はなんでしょうねえ?」
「うん。あの、これはいつの時代に、何をした人なんですか?」
音吉「え?あ、これ、大した人間じゃないよ」
バリカン「ここの人は誰なんです?」
音吉「確か『カバゴン』とかいったなぁ。何をしたんだろう、しかしひどい顔をしてるよねぇ」

(電動モップの音)
音吉「来る日も来る日もこんな蝋人形と顔つき合わせて、全く嫌になっちゃうよなぁ」
謎の声(男声)「それなら人形を全部燃やしてしまえ!」
音吉「そうは言ったって…アッ!?」
音吉「誰だ!?今しゃべったのは!」
音吉「あぁうわぁぁ…!」
(マッチ箱が床に放り込まれる音)
蝋人形(男声)「さあ、俺たちを燃やしてくれ。ドロドロに溶けて綺麗な赤い炎を見せてやる!」
謎の声(女声)「この人形館が焼ければ、あなたは明日から寝坊ができるのよ」
音吉「えぇえぇえぇ…!」
音吉「うわあああああ…」
(斧を振りかざす音)
音吉「うあぁ!うあぁぁ!うりゃああっ!うりゃ!うりゃ!うりゃああああ!」
(蝋人形が破壊される音)
(斧を落とす音)
音吉「うぅわあああ!」

「今の話、本当ですか?」
音吉母「勤めが突然クビになったんで、私がしつこく尋ねたら、やっとせがれのやつ打ち明けたんです。『どうせ誰も信じてくれない』なんて言いましてねぇ…」
音吉母「研さん、私はせがれの話を信じたいんです。この謎を解いてやってくれませんでしょうか」

蝋人形(男声)「そうだ。マッチを擦るんだ」
(マッチを擦る音)
案内スタッフ「うぅ…」
謎の声(男声)「そう、そのまま、さあ、俺たちを燃やしてくれ」
(風が吹く音)
案内スタッフ「ふぁあ、ど、どうしたんだろう、うあっ!」
「ジュラル星人、姿を現せ!」
ジュラル星人「おのれ、またしてもチャージマン研!」
(ジュラル星人たちが姿を現す音)
ジュラル星人「この人形館が燃えれば大火事となり、たくさんの人間が死ぬと思っていたのに!やれ!研を殺すんだ!」

チャージングGO!!

ジュラル星人「うやあ!」
「ええいっ!」
(ジュラルがビームを放つ音)
アルファガン発射音)
ジュラル星人たち「うああああ!」「うああああ!」「うううあああ!」

(ドアが開く音)
音吉母「う、お前!?」
音吉「母ちゃん、飯出来た?最初から新しい勤めに遅れちゃ大変だ!」

「おはよう!」
音吉「おはよう!」
「音吉さん」
音吉「今日もしっかり勉強しなさいよ」
「はい、音吉さんも頑張ってね」