勝利!チャージマン研の台詞書き起こし

提供:チャージマン研!Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

魔王「はははははははははは!」
  「今こそ、地球人類の最期なのだ! 自然も人類も全て死に絶えるがいい! 地球は、我がジュラル星人の物になるのだ!はははははははははは!」

吉坂博士「皆さん、遂にジュラル星人が総攻撃をかけてきた! 死者は世界中数え切れません!」
無線機「緊急報告! 只今海底パトロール隊が、日本海溝Z地区B区域に巨大な未確認基地を発見しました!」
「何、基地を!?」
吉坂博士「間違いない! きっとそれこそジュラル星人の基地だ!」
「皆さん、僕がすぐにそこに行ってきます!」

吉坂博士「研君。後で応援軍を送るが、早く調査を頼んだよ!」
「はい、博士!」
さおり「研、気をつけるんですよ!」
キャロン「お兄ちゃん、頑張ってね!」
バリカン「研坊!」
皆さん。僕は地球の為、全人類の為、戦ってきます!
「研……」

チャージングGO!!

(今日こそジュラル星人の最期だ!)

魔王「これで、お前達にもいかに人類の力が弱いかが分かったであろう! 強敵は、チャージマン研一人! それも訳はない!」
放送「チャージマン研が、基地を目指して突進してきました!」
魔王「何、小癪な! よーし、飛んで火にいる夏の虫だ! 見ていろチャージマンめ!」

「あっ!」
 「あれは……!」

魔王「来たなチャージマン。それぃ!」

「どうやら気付いたようだな!」

応援軍「研君! 星人達は僕達に任せて! 君は早く基地攻撃を!」
「はいっ!」

魔王「んんん、小癪な! よーし!」

「待て、ジュラルの魔王!」
魔王「研、よく来たな! 今日こそ貴様の命を……!」

「よーし!」

「うわああぁぁ!」
 「あ゛あ゛ぁぁーっ!」

魔王ア゛ァ゛ーーッ!

「これが魔王の最期か……」
応援軍「研君、無事か!? 我々も、ジュラル星人を全滅したり!」
「はぁ……!」
 「応援、ありがとー!!

ナレーションこうして、チャージマン研の活躍により、地球侵略を計ったジュラル星人も全滅し、再び地球に平和が戻ったのです