こうして、チャージマン研の活躍により、地球侵略を計ったジュラル星人も全滅し、再び地球に平和が戻ったのです

提供:チャージマン研!Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

こうして、チャージマン研の活躍により、地球侵略を計ったジュラル星人も全滅し、再び地球に平和が戻ったのです」は、「勝利!チャージマン研」における馴レーションのセリフ。

概要[編集 | ソースを編集]

チャージマン研の活躍により、地球侵略を計ったジュラル星人が全滅し、再び地球に平和が戻った、ということを説明しているんDA。

馴レーションのくせに最後はきちんと丁寧語で締めるところに「ナレーション」としての馬鹿でかい信念が表れているのです。

この語りは「チャージマン研!」本編に登場する最後のセリフであり、いわゆる大トリを飾る重要なフレーズなんDA。専門的なことはともかく、65話に渡る壮絶な戦いの終わりと平和の再来を祝福する多幸感の陰に、ジュラル星人が全滅してしまった哀愁を漂わせているのがわかるだろう?