会話のドッジボール

提供:チャージマン研!Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

会話のドッジボールとは、会話が会話として成り立っていない様子のこと。「チャージマン研!」でもたまによくある。

概要[編集 | ソースを編集]

有名なのが「頭の中にダイナマイト」にてバリカンの間で行われる会話。

研「えーと、僕はアイスクリームと、ピーナッツと、キャンディと、そしてえーと、なんにしようかなー...アッー!」
バリカン「おいらは、ジュースと、チョコレートと、クロレラキャラメルと、そしてえーとあとせんべいと、それから...痛て」

会話にはなっていない。

これをやりながら歩いていたせいで自動販売機の前にいたボルガ博士とぶつかってしまう。

ここで研と出会ってしまったせいでボルガ博士の死亡フラグが立ってしまったのかも。

他にも「謎の美少年」でも研と星くんの会話が

研「どこまで行くんだい?」
星「一度でいいから、君の変装するところを」
研「どうして君が?」
星「憧れているンだ。チャージマン研に」 

等と成立していない。