バリカン音頭

提供:チャージマン研!Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

バリカン音頭」とは、第20話「ガールフレンドが出来た」にて、バリカンがハーモニカで吹いた曲。

概要[編集 | ソースを編集]

ミユキを家族に紹介する際、自分がスルーされたことに腹を立てたバリカンは、ハーモニカで「バリカン音頭」を吹く。お世辞にもうまいとは言えないが、彼女の正体がジュラル星人である事を見破るのに一役買った。

「バリカン、さっき吹いた曲を思い出すんだよ」という研に、バリカンが「うん、ありゃあねぇ、バリカン音頭さ…というのは嘘なんだ」と答えたことから。せっかくジュラル星人の弱点を見つけたと思ったのになぁ…と研は残念がっていた。毎回アルファガンであっさり殺してるんだから別に必要ないんじゃないの?とは言ってはいけない。地球人にも有害だろとかも言ってはいけない。

キチガイハーモニカ(キチモニカ)とも。

ジュラルはこの反省からキチガイレコードを開発したと思われるが、500年進んだ科学力をもってしても大先輩であるバリカン様にはやっぱり効かなかった。すげえ。

このバリカンハーモニカに限らず、第45話「鳩時計が3時を指したら」にて音楽教室の先生が弾いていたピアノ[1]もやはり上手とは言えない。ナックのSEが仕事をしないのは有名だが、これだけでもなんとかならなかったのか…

脚注[編集 | ソースを編集]