スカイロッド 地底に突っこめ!

提供:チャージマン研!Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

スカイロッド 地底に突っこめ!」( - ちてい - つ - )は、「チャージマン研!」の第34話(DVD版では31話)である。

本編[編集 | ソースを編集]

登場人物[編集 | ソースを編集]

あらすじ[編集 | ソースを編集]

吉坂博士とヘリコプターに乗る研。博士曰く、今までは山間部に工場が立地するのは不可能だったが、地熱発電によって、山間部でも操業が可能となったという。今回研たちは、山間部にできた製鉄?工業[1]のコンビナート群へと向かっていた。

突如聞こえてくる爆発音。地下で核爆発を起こし、その熱を利用した発電も行っていると吉坂博士。ところが続けざまに爆発が起こる。連続して爆発させるなどありえないと博士。ヘリのパイロットに着陸を指示する。すると、地上の建物が爆発した。これを見て地上への着陸は無理だとパイロット。山の頂上へ着陸することに。

山の頂上から爆発の様子を眺める博士と研。するとまた爆発が起こる。2人は現場へと急いだ。下敷きになり犠牲となった作業員たち。他の作業員たちが坑道の入り口から地下の様子を眺めていた。作業員曰く、地下で核爆発を起こしたところ、続けざまに爆発が起こったという。そして、気味の悪い男たちが、作業員を無理やり引き連れ坑道に入っていったという。

地下の坑道。作業員たちが男たちに銃を向けられ囲まれていた。男たちの正体はジュラル星人だった。地球上の文明をすべて破壊し、地球の新たな支配者になるのだという。新たな爆弾を仕掛け、作業員たちを巻き添えにしようとするジュラル星人。爆弾の導火線に火をつけ、引き上げようとしたところ、スカイロッドが現れた。研が飛び降り、ジュラル星人に直接攻撃、そしてアルファガンでやっつける。導火線の火を消す研。作業員たちは助けられたのである。

研を乗せたヘリが離陸する。研に手を振る作業員たち。機中、工場による環境破壊を心配する研。しかし吉坂博士によると、工場廃液は処理タンクで消滅[2]させることができるのだという。「鳥さんたち、安心して住めるね」しかし鳥は研の顔にフンを落とすのであった。

内容について[編集 | ソースを編集]

  • 作中では、地熱発電によって山間部に製鉄工業のコンビナート群ができたとされている。製鉄のような重工業の場合、海や川の近くといった原料や製品の運搬が容易な場所に立地するのが普通である。山間部のよう場所では、たとえエネルギーが確保できたとしても、原料や製品の運搬を考えると製鉄工業の立地は難しいのではないか。
  • 砂鉄は日本刀などに使う玉鋼(たまはがね)の原料として古くから使われてきた。大量生産には不向きで、現在ではほとんど使用されていない(→Wikipedia)。
  • 核爆発の熱を利用した発電も行っているとある。核爆発の熱をそのまま利用できれば、相当のエネルギーを引き出すことができるが、核爆発ゆえ放射能の問題もある。熱を取り出す(例: 水を沸騰させタービンを回す)以上、何らかの放射線防護を行う必要があると考えられるが、作中ではそのようなものは見られない。
  • スカイロッドは地下の坑道に入ってはいったが、地底に突っ込んではいない
  • 工場廃液を"消滅"させることはできない。"消滅"ではなく、"処理"(例えば、有害物質を取り除いたり、中和して無毒化したりするなど)と言ったほうが適切ではなかろうか。なお、環境問題は工場廃液の問題だけ解決すれば済むものではない。例えば、工場の立地により自然が失われ、もといた動植物の生態系に悪影響を及ぼすこともある。また、工場からの排気がもたらす大気汚染や、工場からの廃棄物の問題もある。環境問題は一筋縄ではいかない。

台詞[編集 | ソースを編集]

スカイロッド 地底に突っこめ!の台詞書き起こしを参照

影響を与えた(であろう)主な作品[編集 | ソースを編集]

  • ウルトラセブン 第17話「地底GO!GO!GO!」
  • 漫画「ブラック・エンジェルズ」(敵組織が富士山の地下で核爆発を起こして大地震を発生させようとする)

前回・次回リンク[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. 何度聞いても砂鉄としか聞こえない。
  2. 作中のママ。