ジュラル製ダイナマイト

提供:チャージマン研!Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

ジュラル製ダイナマイトは、『チャージマン研!』第34話「スカイロッド 地底に突っこめ!」にしたジュラル星人の兵器。

概要[編集 | ソースを編集]

ジュラル製ダイナマイト.png

地下で核爆発を行って工事をする作業員達に対して使われようとしていた。核爆弾よりも高い威力を持つらしく、作業員達を縛り上げて点火し、建設中の工場もろとも爆破しようとした。

「普通にいつもの円盤を使えば良かったのでは…」とか、「そんな強力な兵器があるなら街中やの自宅目掛けてそれで攻撃すれば良かったのでは…」と言ってはいけない。恐らく彼等なりの考えがあったのだろう。

だが不幸な事に(?)爆発寸前に作業員達の救出に来たにジュラル達は一斉駆除され、最後には導火線を踏まれてダイナマイトはあっさりと鎮火してしまう。(ちなみに研が目に見える場面で人質を救助する貴重なシーンでもある)

ジュラル星より500年遅れている地球人の科学力でも、踏むどころか水でも消えない導火線は出来ているのだが…。恐らく威力を重視した為にその辺りの質が低下したのだろう。だがその他一切の事は分かりません!