まるで鷹のようではありませんか

提供:チャージマン研!Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

第3話「蝶の大群が舞う」における昆虫学者のセリフである。

概要[編集 | ソースを編集]

昆虫学者がサンダラパレス・アグリアスによく似た人食い蝶を説明する際、その写真を指しこう言った。

人間の細胞を食うだけあって、まるで鷹のようではありませんか。

しかし、この写真の蝶の口はどちらかというとクワガタのハサミみたいな形で、どう見ても鷹のようには見えない。もとよりこの写真すら「よく似ている」と言うわりに同時に見せた写真と全然似てなかったり、 学者自身何も分かってなかったりする。この学者は本当に専門家なのだろうか?