J-7号

提供:チャージマン研!Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
しはん.png

剣道の師範代(J-7号)とは、「チャージマン研!」の第43話「カメラのファインダーを覗け!」に登場したキャラクターである。

概要[編集 | ソースを編集]

剣道場に流れてきた師範代を装っていた、ジュラル星人の一人。町の人々を皆殺しにするという命を受けていたが、心や感情といったジュラル星人が失ったものに対して理解を示していたこともあり、任務を遂行できずにいた。

仲間のジュラル星人たちに取り囲まれた際、「心だよ!感情だよ!地球の人々は守りあっている!美しいものに、泣くことさえあるんだ!!」と訴えるも、仲間からの光線の犠牲となってしまった。

ジュラル星人ではあるものの、最後までジュラル星人の容姿に戻ることなく消滅した珍しい例。(X-6号を最後まで「敵」と呼んでいた)も「お兄さん」のように慕っていた。キチガイだらけのチャー研登場人物において屈指の善人であり、前述の名セリフと共に一部のチャーケニストから根強い人気を誇る。

なお、星くんと中の人つながりである。