金庫破りの名人の台詞書き起こし

提供:チャージマン研!Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

古山アキオ「もうすぐお父さんに会えるだ急がないと」
「アッー!」
「ごめん、大丈夫かい?」
アキオ「うん、僕も悪かったんだよ」
「急いでるみたいだけど」
アキオ「とってもね じゃあ」
「よかったら送るよ。何処まで?」
アキオ「ありがとう。でももうすぐだから」

古山惣助「遅いなー、アキオの奴どうしたのかなー?」
悪人A「古山惣助さんだね」

惣助「アンタ達は?」
悪人A「乗りな、話は車の中だ」
惣助「でも、私は」
悪人A「アキオくんに頼まれたんでねぇ」
惣助「アキオに?じゃ」

惣助「わぁ酷いじゃないか嘘をついて」
「こ、これは?」
悪人A「金庫破りの名人であるアンタの手をちょっと借りたいと思ってね」
惣助「何故そんなことを知ってる、私はもう一切、悪い事はやらんと誓ったんだ
悪人A「可愛いアキオくんと一緒に楽な生活がしたくないのか?」
惣助「な、何?ウン…ウーン…それで一体どこの金庫を破るんだ?」
悪人A「宇宙局の大金庫だ。忍び込む手発はオレ達が付ける」
悪人B「どんな化学力をもってしても開かない金庫なんでな」
悪人A「どうしてもアンタの力を借りたいのさ」

「やぁ!君ぃ〜」
アキオ「え?」
「この間はごめん」
アキオ「君かぁ」
「元気がないみたい」
アキオ「お父さんが帰って来ないんだよ」
「お父さんが?ねぇ、乗らない?」
アキオ「うん」
「始めから話してよ僕も探してあげるよ」
アキオ「ありがとう。だけどちょっと話しにくいなぁ〜僕」

悪人A「すげぇ、あの部屋の金庫だ」
惣助「うわぁ」

「ん?」
「おや、これは一体なんだろう」
「宇宙局の見取り図だ」
アキオ「あぁ…お父さんまた良くないことを」

惣助「あ、開いた」
悪人A「どけぇ邪魔だ邪魔だ」
惣助「何をする!」
悪人B「これだ、金星基地に関する総資料だ」
悪人A「これさえあれば金星はもはや俺達が支配したようなもんだ」
惣助「アンタ達はいったい何者なんだ?」
悪人A「我々は目的を果たした。もうお前に用はない」
「待て、ジュラル星人!」
悪人B「おぉ」
悪人A「なに?」
「えぇーーーい!」
チャージングGO!!

ジュラル星人「くそぅチャージマン」
「オ゛ッ」
「えぇーーい」
ジュラル星人「ぎゃーー」

アキオ「お父さんー」
惣助「ん?おぉアキオかぁ、研君も」
「おじさん、明日の日曜夕飯をご馳走に来ますよ」
惣助「あぁいいですよ」
アキオ「じゃあお父さん頑張って」
惣助「じゃ、気をつけてな」