記憶を無くした少女の台詞書き起こし

提供:チャージマン研!Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

ママ「キャロンとバリカンおとなしく留守番してたかしら」
パパ「うん、急ごう」
パパ&ママ「アー」
ナオコナオコ「アーーー」
パパ「君!」
「おい、大丈夫かい!大丈夫かい!君!」
ママ「しっかりするのよ」

「パパ、この子、助かるの?」
パパ「ああ、もう大丈夫だよ」
「とにかく私はこれから地区警察に行ってくるからね」
「じゃあ、後は頼んだよ」
ママ「ええ」
「あっ」
ナオコ「うーーーんあっ」
ママ「あっ気がついたのね」
キャロン「よかった」
ナオコ「ここはいったいどこ?」
キャロン「あたしのおうちよ心配しないで」
ごめんねー、僕のパパが君を車で轢いちゃってー

ナオコ「車で…私を車で轢いたの…」
キャロン「お名前なんていうの?」
ナオコ「あたし名前…」
「君、どこの学校?」
ナオコ「学校…」
ママ「これ研にキャロン、まだ本調子じゃないんだからダメよ」

ママ「さあ、心配しないでもう少しおやすみなさい」
「さあ、静かに」
「私たちは向こうの部屋に行ってましょ」

パパ「車にぶつかったときのショックであの子は完全に記憶喪失にかかってしまったんだよ」
「ええ!?」
「じゃあ自分の名前も住んでいる家もみんな忘れてしまったの?」
パパ「うん」
「地方警察の協力で新聞やテレビにも写真を出してもらったから」
「そのうちあの子の家族から連絡があると思うのだがなあ」

ママ「だからその間あの子にこのうちに住んでもらおうと思ってパパと決めたのよ」
「うんそれはいいや!」
「な?バリカン!」
バリカン「いいですとも!」

ママ「いってらっしゃい」
研&キャロン&バリカン「行ってきます」
パパ「研、みんなを頼んだよ」
「まかしといて」
「宇宙ステーションに行ったらキャロンとこの子…あーそうだ」

キャロン「名前がわかんなくて不便ね」
「えっとそうだわナオコちゃんっていうのはどう?」
ナオコ「うんうん」
ママ「早くあの子の記憶が戻ればいいわね」
パパ「ああ」

「うっひゃあすげえなあ~」
ナオコ「ウフフ」

「ナオコちゃん、あんなに小さく見えるよ」
「おーーーい」

バリカン「キャロンずるいよ!」
「早く僕にも見せてよ!」
キャロン「待ってよ今お兄ちゃん達を探してるの」
「見つけたわ!あれ?でもナオコちゃんがいないわ」
バリカン「あんな嘘ついて!」
「ちゃんと二人仲良くいるじゃありませんか」

キャロン「あれ~ほんとだわ!」
「ナオコちゃんほら見てごらんよねえ?」
「キャロンとバリカンだろ?」
バリカン「あんなことばっか言って自分ばっか見てるなんてずるいよ!もう」
「エイ!」
キャロン「アン!」

バリカン「た、大変だあれはジュラル星人だ」
キャロン「なんですって!?」
「お兄ちゃん!」
バリカン「た、たた大変だ!」

「キャロンとバリカンだよネ!」
ナオコ「あ~」
「あ~あ~何をするんだ!あ~離せ~」
「離せ~ア゛~~」
キャロン「お兄ちゃん、ジュラル星人よ~」
バリカン「研」
「くそ~離せ~」
「ちくしょうアー」
「アーーー」

バリカン&キャロン「アーーーー」

「くそ~負けるもんか!」
「ア゛ッ」
「チャージンゴーーー!」

「えーーーい」
「ジュラル星人め!」
ナオコ「くそー見破られては仕方ない!」
「アーー」
ナオコ「アーーーーーーー」

キャロン「お兄ちゃん」
バリカン「研」
「おーーーい」

パパ「そうか、あの少女がジュラル星人だったとはな」
そうと分かっていれば、あの時…
ママ「あなたもう交通事故はこりごりよ~」
パパ「ん?そうだな」

研&キャロン&バリカン「ヘヘヘハハハ」


「どこまでも卑怯なジュラル星人め」
「いつでも来い」
「僕が正々堂々と戦い、地球の平和を守ってみせるぞ!」