そうと分かっていれば、あの時…

提供:チャージマン研!Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

第26話「記憶を無くした少女」より

パパが車ではねた記憶喪失の少女の正体はなんとジュラル星人だった。は危ないところまで追いつめられたが、チャージキャンセルを駆使して何とか倒すことに成功した。

その後のドライブ中にパパがこう呟く。

「そうか、あの少女がジュラル星人だったとはな。そうと分かっていれば、あの時…

あの時、どうするつもりだったのだろうか。 この発言から、この親無くして研は存在しない事がよくわかる。

脚注[編集 | ソースを編集]