白ダブルスーツ男

提供:チャージマン研!Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

白ダブルスーツ男」とは、第31話「危機!爆破1秒前」に登場したキャラクター。

概要[編集 | ソースを編集]

その名の通り、白いダブルスーツを着た白髪の男。本名は不明。

身よりのない小泉ヘレンを、彼女が3つの時から育てて来たという。しかしまともな扱いをせず、コンサートビルでの掃除にこき使っていた。

また、ジュラル星人と手を組み、コンサートホールを爆破し聴衆3万人を巻き添えにしようとした、ルミ子の継母である銀子以上のクズ人間でもある。ジュラル星人からの見返りを期待してのことだったが、ジュラル星人は最初からそれに応える気はなく、「お前みたいな人間は真っ先に消えろ!」と光線銃で始末されてしまった。めでたしめでたし。

ジュラルに銃を向けられた際、「何をなさるんでごぜえますか」と口にする。革命野郎とタメを張れるくらい江戸言葉が達者なようである。

ちなみにジュラルの事を聖人星人様」と呼んでいた。彼の「脇目も振らずに働け!」等といったセリフはMAD動画でよく使われている。

チャージマン研!」が放送された1970年代前半は、団塊ジュニア世代が生まれた第二次ベビーブームが起きており、さらに最初のベビーブームで生まれた世代が働き盛りの年齢となっていた。さらに世界中でも、世界大戦からの復興や途上国の発展による人口増加が起きていた。 彼の「地球には人口が多すぎるんですよ」というセリフは、工場廃液などと同じく、当時の社会情勢から影響を受けていると考えられる。