江戸弁が達者な革命野郎達

提供:チャージマン研!Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

「江戸弁が達者な革命野郎達」とは、第37話「ハイジャックをやっつけろ!」に登場したキャラクターの総称。

概要[編集 | ソースを編集]

革命野郎.jpg

たちが帰省先から帰る際乗った飛行機を(最初に)ハイジャックした男3人組。

牧師さんが「革命野郎」と呼んだ事や、人質解放の交換条件として「伊豆囚人島に囚われている革命軍幹部5人の釈放」を要求している事から、「チャージマン研!」の放映された1974年前後における過激派をモチーフにしていることが伺える。 なお、当時はあさま山荘事件(1972年)やドバイ日航機ハイジャック事件(1973年)、ハーグ事件(1974年)に代表される、日本赤軍や連合赤軍ら過激派によるゲリラ活動・ハイジャック等が多発しており、チャー研に登場したハイジャック犯も当時の世相を映し出すものとなっている。

疑問点[編集 | ソースを編集]

ハイジャック犯は3人であるが、飛行機最後部に2人、最前列に1人の配置であり、ハイジャック宣言したのは最後部にいる主犯格とみられる男である。ハイジャックするのであれば、最前列から怒鳴った方が見やすいし威圧感もあたえられるのに何故、最後部からだったのか疑問が残る。

ハイジャック犯は人質交換の条件として「幹部5人の釈放」を訴えているが、そんなものを飛行機の乗客に言ったからってどうなるものでもない。説明乙