恐怖の森

提供:チャージマン研!Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

「恐怖の森」(きょうふ-もり)とは、『チャージマン研!』の第59話(DVD版では60話)である。

本編[編集 | ソースを編集]

登場人物[編集 | ソースを編集]

あらすじ[編集 | ソースを編集]

山間にキャンプにやってきた泉家。パパは飯盒を炊くための薪に火をつけようと悪戦苦闘していた。パパに言われ、研、キャロン、バリカンは薪を拾いに行くことに。

薪を集めている最中、銃声を聞いた3人のもとに、小鳥が弱って落ちてくる。小鳥は撃たれていたが、まだ息はあった。小鳥を手当てするべくテントに戻る途中、2人組のハンター(マリオとルイージ)に遭遇。彼らは小鳥を渡すよう迫る。猟を楽しむために東京からやってきたという彼ら。だが彼らがいたのは猟が禁じられている区域だった。小鳥を強奪しようと襲いかかる赤い帽子のハンターを研はひねり返すも、緑色の帽子のハンターに猟銃を突きつけられる。そこにバリカンが体当たりし、研がハンターから猟銃を叩き落とす。観念した2人組は退散し、研たちは小鳥を手当てするためにテントに戻る。

研たちから逃れたハンター2人組だったが、彼らは研究所のような建物、そしてジュラル星人に遭遇してしまう。ジュラル星人は、地上に第二の拠点を作るべく山奥で調査を行っていたのだった。彼らは逃げ出そうとするが、侵入者検知用のレーザー?を踏んでしまい、ジュラル星人たちに見つかってしまった。ジュラル星人たちに取り囲まれる2人組。彼らの悲鳴を聞いた研は、彼らのもとへ向かう。変身した研は、ジュラル星人をアルファガンで倒していくが、次から次へとジュラル星人が現れてくる。そこで研はビジュームベルトでジュラル星人を一網打尽にし、アルファガンの光線を建物の頂点に照射。建物は爆発した。

猟の道具を燃やす2人組。鳥や動物の狩猟はもうやめるという。研たちが保護した小鳥は回復し、飛び回っていた。研たちは飛んで行く小鳥を見送った。

内容について[編集 | ソースを編集]

  • 日本では、鳥獣保護管理法によって、鳥獣の狩猟を規制する区域を「鳥獣保護区」として指定する制度がある。作中研が言っていた、「この辺で猟をするのは禁じられている」というのは、この鳥獣保護区のことを言っているのではなかろうか。そのような区域には、赤地に白色の文字で「鳥獣保護区」と書かれた看板が掲出されている。
  • 2人組のハンターのうち、一人は赤色の帽子を、もう一人は緑色の帽子をかぶっている。そのため、チャーケニストたちからは「マリオ」や「ルイージ」と呼ばれている。
  • 「猟をするために東京からやってきた2人組のハンター」と言う設定の元ネタは、宮沢賢治の小説「注文の多い料理店」か。
  • 作中のジュラル星人の地上基地にはフェンスがないようだ。隠匿が必要な施設にもかかわらず、そのための策がまるで講じられていない。
  • 2人組(のうち1人)が踏んだ侵入者検知レーザー?は、人間以外の動物でも検知しそうであり、誤検知ばかりで使い物にならないのではないか。もとより、人間より科学力がはるかに高いジュラル星人なら、もっと高度な警備システムを作っていそうな気がするのだが…。
  • 仮に弱っていたとしても、野鳥など野生動物をむやみやたらに保護してはいけない。人間が手を出すことでかえって悪影響をもたらすことがある。また、許可なく野生の鳥獣を捕獲したり、飼ったりすることは鳥獣保護管理法により禁じられている。けがをしている鳥獣は、動物園や動物病院などで保護してもらえる場合がある。

台詞[編集 | ソースを編集]

恐怖の森の台詞書き起こし

前回・次回リンク[編集 | ソースを編集]