怪しい花嫁の台詞書き起こし

提供:チャージマン研!Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

式の参列者「おめでとう!」「おめでとう!」「おめでとう!」「頑張ってこいよ!」「気をつけてね」

「おめでとう山田君。海底局の仕事はしばらく忘れて、2人でハネムーンをゆっくり楽しんでくるんだな!」
山田「いやぁ、どうも」
キャロン「素敵! あたしも早くあんな綺麗なお嫁さんになりたいわ!」
さおり「よし子さん、もう『身寄りが無い』なんて言わないでね!」
よし子「はい」
(あっ……)

「どうも怪しいな、あのよし子さんの態度。どうも気になるよ」
バリカン「研坊、考え過ぎだよ!」
「あっ、さっきの男だ!」
 「よし、後をつけてみようよ!」
バリカン「よよ止しなよ研坊ったら!」

バリカン「ちっとも怪しくなんかないじゃないか! きっとよし子さんの知り合いか何かですよ。ねえ研坊、帰ろうよ」
「うん、そうかな……」

男1「とんでもないガキだ。」
男2「しかし研に見られたのはまずかったな」
男1「ああ。海底局が作っている新型潜水艦を、早いとこ爆破させん事には、俺達ジュラル星人の海底基地が発見されてしまうからな」
男2「焦るなJ-1号。その為にX-7号をわざわざ海底局の技師と結婚させたんだからな。X-7号、うまくやれよ」

よし子「あなた、頑張ってね」
山田「勿論! 今日は新婚生活第1日目の出勤だからな」
よし子「うふ♪ あなたったら。今日は遅くなるんですか?」
山田「まもなく新型潜水艦が完成するんでね」
  「じゃあ行ってくるよ!」
よし子「行ってらっしゃい! 気をつけてね」
山田「うん!」
よし子これで万事OKだわ

男2「X-7号、うまくマイクロカメラを仕掛けたな」
よし子(X-7号)「当たり前よ。それにマイクロ爆弾も仕掛けてやったさ!」
男1(J-1号)「おお、あれが新型潜水艦か」

局員「主任、そろそろ完成ですね!」
山田「うむ」

X-7号「さあ、早く爆破してしまおう!」
男2「よし、やろう!」
「待て!」
ジュラル3人「あっ!」
「どうも怪しいと思ったら、やっぱりそうだったのか!」
X-7号「くそ、バレたか! チャージマン研!」
ジュラル3人「へへへへ!」

チャージングGO!!

「来い!」
ジュラル3人「へへへへ!」
「あっ」
 「えーーい!!」
ジュラル星人「ぐわあぁ~……」
「それ!」
ジュラル星人「うわあぁ~……!」
      「へへへへ……!」「へへへへ……!」
「あっ!」
ジュラル星人「へへへへ……」
「あ?」
 「くそぉ!」
ジュラル星人「ぅわ!」
「あっ!?」
ジュラル星人「ケアァ~!」
      「わあぁ~……!」
「はぁ~……」

山田「皆さん、ありがとうございます! それでは処女航海に行って参ります!」
一同「山田君、気をつけてね」「頑張って行ってこいよ!」「おめでとう!」
さおり「山田さん、帰ってきたらもう1つお見合いの話が有るんですのよ」
山田「いやぁ、それは……でもジュラル星人の花嫁さんはもう沢山ですよ!」
「前の事は悪い夢を見たと思って、どうだね? 今度はとびきりの美人を紹介しますよ?」
山田「は、泉さんに全て……おーい、早く出港しないか!」
一同「あはははははは……!」