南極遊園地

提供:チャージマン研!Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

南極遊園地(なんきょくゆうえんち)は、「チャージマン研!」の第57話である。

本編[編集 | ソースを編集]

登場人物[編集 | ソースを編集]

あらすじ[編集 | ソースを編集]

パパの操縦するヘリコプターに乗って南極遊園地へ向かう泉一家。南極遊園地では、ペンギンたちと触れ合ったり、氷滑りを楽しんだりすることができる。満喫する研とキャロンの一方、凍結した地面に足を取られてばかりのバリカン。

アザラシのレースに参加する研。参加者たちがアザラシに乗りゴールを目指す。声援を送るバリカンとキャロン。その時、キャロンがジュラル星人に捕らえられてしまう。そこにバリカンがジュラル星人に体当たりし、ジュラル星人はキャロンを離す。地面に落ちたキャロンをパパが連れ出すが、バリカンは海の中に落ちてしまう。変身した研はアルファガンでジュラル星人を次々に倒した。

南極遊園地に平穏が戻る。助かったキャロンの一方、研たちはバリカンを忘れていた。海で溺れるバリカン。「いっけなぁい、バリカンのことを忘れていた」とのんきな研に早く助けるよう促すママ。バリカンは何とか這いあがるも、寒そうにしていた。

内容について[編集 | ソースを編集]

  • 本物の南極は「遊園地」ができるような場所ではない。理由は以下の通り。
    • 非常に寒冷である。最高気温は高くともプラスの一桁で、最低気温はマイナス数十度にまで達する。しかし、泉家や遊園地で遊んでいる子供たちは普段着である。
    • 風が強い。例えば、昭和基地の平均で約10m/sであり、それ以上の強さの風が吹くこともある。
    • アクセスが極めて不便。昭和基地に赴任する隊員の場合、空路でオーストラリア入りし、そこから南極観測船に乗り南極へ向かう。研たちの場合、南極へ近いところまで何らかの手段で向かい、ヘリに乗ったのだろうか。だとしたら、気軽に行ける場所ではなく、遊園地としてかなり致命的である。
  • (久々の)日曜休日なのに、なぜかパパはスーツ姿。
  • パパはヘリコプターを操縦できるようだ。
  • 研のバリカンに対する扱いが、第20話「ガールフレンドが出来た」ほどにぞんざいである。

影響を与えた(であろう)主な作品[編集 | ソースを編集]

  • 日本映画 「南極物語」
  • ウルトラQ 第5話「ペギラが来た!」

台詞[編集 | ソースを編集]

南極遊園地の台詞書き起こし

前回・次回リンク[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]