ルミ子を助けたジュラル聖人様

提供:チャージマン研!Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

第41話「シンデレラの少女」に登場するキャラクター。

概要[編集 | ソースを編集]

殺傷性のない目からビームでルミ子にドレスを着せてあげ、三郎くんの誕生パーティに連れていき、彼と仲良くさせてあげたジュラル星人。その思惑は…「シンデレラ」ストーリーで尺を稼いでいる間に航空会社の社長宅に忍び込み、「新型旅客機No.8型」の設計図(A3用紙1枚程度)に「ちょいと工作」しようとしただけ。研に防がれたとは言え結果的に何も悪事を働いていないのである…つうか、ルミ子は本当に必要だったのだろうか?とか不法侵入してるじゃんと言うのは無粋というものである。連れにケツアゴジュラルがいるけど空気。

ルミ子を幸せにさせただけで殺されてしまったジュラル聖人の鑑のような存在。回りくどい作戦を立てるジュラル星人の鑑でもある。もっとも、あくまでもこれは地球侵略を進めるための作戦であるため、「ルミ子が幸せになってもジュラル星人の地球侵略が成功したら彼女は結局殺されてしまうのでは?」と主張する者も少なからず存在する。そいつは頭がお詳しいぜ!