イツデキタンダロウナ マタナカガカワッテル!

提供:チャージマン研!Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

第16話「殺人レコード 恐怖のメロディ」より。

冒頭のレコード店前でのガヤ声。 いつの間にか出来たお店に驚く男性の声やお店が変わった事に対し驚いた様子の女性の声などが聴き取れる。
これらのセリフやキャロン来店の際、店員に扮したジュラル星人の『ついに引っかかってきたわ』のセリフから、短期スパンで店を変え、それが一度や二度ではなかったと推察できる。

泉一家のいずれかが引っかかるまでテナントをおさえ続け、ニーズを模索し様々な店舗の運営を繰り返してきたであろうジュラル星人達の努力がわかるだろう?