雄一少年を救え!の台詞書き起こし

提供:チャージマン研!Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

男性「ほれほれほれほれ、はっはっはっは、ベロベロベロバァ〜」
女性(笑い)
住人たち火事だー!火事だー!
「火事だー!助けてー火事だー!火事だー!」

雄一父「このやろ!出てけ!」
雄一母「何よ!出て行くのはお前の方だ!」
雄一父「『お前』だってー!?この鬼ババア!」
雄一母「稼ぎの少ないくせに、よくも言ったわね!」
雄一父「何を〜この野郎!がたがた言うんじゃねえ!」
何してる!早く寝ろ!
雄一母「あ〜もうほんとにまったくやんなっちゃうわよ!さっさとお入り!

「火事だー!助けてくれ火事だー!
雄一もっと燃えるがいいや!
「あっ」
「お、おじさん達は!?」
サングラスの男「小僧!派手にやるじゃねえか!」
白髪の男どうだ?警察に知らせてやろうか?
雄一「や、やめてください!ぼ、ぼ僕はただ!」
サングラス男「はは、ばらしゃしねえよ」
白髪男「その代わり毎日どんどんやろうじゃねぇか!手を貸すぜ」
雄一「え?なんですって!?」
サングラス男「文句ねぇだろ!言う通りにしねえと警察にばらすぞ!え!?」
雄一「あ、待ってください!待ってください!」
サングラス男「いいか!?明日の夜、またここで会おうぜ!」

サングラス男の声これから毎日家を焼こうぜ?
雄一「あ〜いけない!こんな事をしてたんじゃいけない!アー!」

「よく話してくれたね、雄一くん」
雄一「僕、僕苦しかったんだよ~」
「でももうあんな事はしないね?」
雄一「うん、もう絶対にやらないよ」
「よし、じゃあ後は僕に任せて」
雄一「うん」

サングラス男「ハッハッハッハ!小僧、よく来たな!」
アカギジュラル「よおし、早速始めようぜ!」
サングラス男「付いて来い!」
「おい!始めろ」
おかしい、燃えないじゃねぇか!?
「どうした!?全然燃えないぜ!」
「アハハハハハハ」
サングラス男「き、貴様!」
白髪男チャージマン研!
「この一帯の家には、防火用の特殊装置をしておいたのさ!」
サングラス男「き、貴様〜よくもあのガキと!」
「ハハハハ!遂にジュラル星人め、正体を現したな!」

チャージングGO!!

「あ、行くぞ!」
ジュラル星人「来い!」
「アッ」
ジュラル「にゃ゛ぁああああ…」「えいっ!」
「それっ」
ジュラル「ター」
「アー」「アッ」
ジュラル「ぐわああ! 食らえええチャージマン…」
「ああっ」「それっ」
ジュラル「うわあああああああああああ」「にゃあああああああ」
「えいっ!」
ジュラル「にゃあああああああああああ」

雄一「研くん、どうもありがとう」
雄一父「本当にありがとうございます」
雄一母「あたし達、この子のために良い親になります」
「本当によかったね、雄一くん」
雄一「僕、これからはもうあんな事は絶対にやらないよ!」
「そうだよ、これからも仲良くしようね」
雄一「研くん、ありがとう」