奇形児

提供:チャージマン研!Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

奇形児(きけいじ)は、第36話「戦慄!悪魔の病院」に登場したキャラクター(?)である。

概要[編集 | ソースを編集]

ある夜、病院にて産まれた赤ん坊。しかしジュラル星人によるマッドグリーン作戦によって(母親の)病院食に工場廃液が混入されていたため、「ガラクタ同然[1]」の奇形児となってしまった。

作中にはこの赤ん坊そのものの描写はなかった[2]が、看護師も父親も戦慄を覚えるほどのようである。同じような赤ん坊が、少なくともこの病院だけでも何人も生まれていたらしい[3]

泣き声はふつうの赤ちゃんとは変わらなかった(さすがにこれを音MADに使う職人はみられない)。

その後の活躍によってマッドグリーン作戦は阻止される。しかし奇形児にされてしまった子供はどうなったのだろうか…。

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. 緑キシリアさん曰く。
  2. 籠に入っており、その様子を窺い知ることはできない。
  3. 調理室に駆け込んだ医者のセリフより。