バトルホーク

提供:チャージマン研!Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

バトルホークとは、東京12チャンネル(現:テレビ東京)系列にて放送された特撮番組である。

概要[編集 | ソースを編集]

タイトルロゴ

チャージマン研!』のナックと東洋エージェンシー[1]が共同制作した特撮番組である。

1976年10月から1977年3月にかけて全26話が放映された、知る人ぞ知るマイナー特撮として名を馳せた作品。低予算臭漂うセット、尺稼ぎ、敵の回りくどい作戦、交通事故、今の倫理観では再放送が難しいであろう作風…どこか「チャージマン研!」を想起させる雰囲気が漂っている(ただし、実際は国際放映が下請けで制作している)。

裏番組で『一休さん』等が放送されていた為に視聴率は伸び悩み、途中で路線変更がなされるも巻き返しは叶わず、打ち切りとも言える最終回を迎えている。なお後番組は『忍者キャプター』の再放送という、何とも屈辱的な扱いであった。

ニコニコ動画にて海骨蟹の回の本編がうpされていたが、残念ながら権利者削除されてしまった。

本作も知名度は低いものの、楽曲だけは一流というナックの法則がこれまた発揮されており、音楽担当は『げんこつ山のたぬきさん』などの童謡や『勇者ライディーン』で有名な小森昭宏、主題歌はグロイザーX『機動戦士ガンダム』(TV版)で有名な池田鴻が歌唱するなかなかアツイ名曲である。

2013年8月28日、「マツコ&有吉の怒り新党」(テレビ朝日)でこの作品の「新3大・敵組織のツメが甘い作戦」が紹介された。この時冒頭で「あのチャージマン研!を制作した会社が作った」と紹介された。

関連項目[編集 | ソースを編集]

注釈[編集 | ソースを編集]

  1. 現 創通