チャージマン研!(主題歌)

提供:チャージマン研!Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

チャージマン研!」は「チャージマン研!」のオープニング曲である。

概要[編集 | ソースを編集]

作詞:ナック企画部 作曲・編曲:宮内國郎 唄:ひばり児童合唱団

「ウルトラマン」の主題歌なども担当した宮内氏の作曲だけあって、狂気とカオスと破綻にまみれた本アニメの主題歌とは思えないほどの名曲に仕上がっている。

曲調はさすがに時代を感じさせるものの、他の70年代当時のアニソンと比べても何ら遜色のない曲。またナック企画部が手掛けた詞も、このようなキチガイアニメを企画した企画部の手による物とは思えないほど勇壮かつまともな内容である。2番冒頭の歌詞が「ひょっこりひょうたん島」のオープニングテーマ(こちらの作詞は井上ひさし)に登場するフレーズに酷似していることは気にするな!

しかし肝心のアニメのせいで、まともなアニソンとして扱われない不幸な曲でもある。公式サントラでは大槻ケンヂfeat.後藤沙緒里によるカバー版が収録されている。

後年での扱い[編集 | ソースを編集]

2010年5月、NHK-FMで放送された「今日は一日”帰ってきたアニソン”三昧」において、この曲が流された。

チャー研を知らずに主題歌だけ聴いてからアニメを見た人は、そのキチガイぶりに大変ショックを受けたに違いない。ちなみに、ニコニコ大百科ではこの件を「チャー研の主題歌が公共の電波で流される大事件」と大げさに表現しているが、そもそもこのアニメ自体が、かつては公共の電波を使って流されていたのである。 (ただしチャー研の本放送をした東京放送(現在テレビ事業は分社化してTBSテレビ)他数局は民放であるのに対しNHKは公共放送である しかしそのくらいの違いは気にするな!)それを考えれば、別に大した出来事ではない。

また、JOYSOUNDのカラオケで歌うことができる。一軒家が宇宙に飛び出してUFOを蹴散らすという一種のキチガイじみた映像がバックに流れることがある。(2012年8月4日現在)

なお、2013年10月10日から2018年9月13日まで日本テレビ系で放送された情報バラエティ番組「あのニュースで得する人損する人」→「得する人損する人」で前奏部分がBGMとして使用されたこともある。