サイコアーマーゴーバリアン

提供:チャージマン研!Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

サイコアーマーゴーバリアン」は、ナック製作のTVアニメ。原作は永井豪とダイナミック企画。テレビ東京系で1983年7月6日から同年12月28日まで全26話放送。

概要[編集 | ソースを編集]

アストロガンガー』『グロイザーX』に続くナック製作のロボットアニメ。

ストーリーは異次元宇宙のガラダイン軍の地球侵攻に対抗すべく、彼らと同じ異次元の科学者ゼクー・アルバが地球のサイコ・ジェネス(無から物質を生成する能力)の持ち主たちを超能力戦士として結集、彼らの超能力で創造される巨大ロボット「サイコアーマー」で立ち向かうというものである。サイコアーマーは超能力によって強大な戦闘能力と自己再生能力を持っている。主人公イサム・ナポトが生成させたサイコアーマーが「ゴーバリアン」である。

主人公メカ・ゴーバリアンのデザインがかの『マジンガーZ』に酷似していることで(悪い意味で)有名な作品。これについては、ナック(及びスポンサー)が永井豪とダイナミック企画に「主役ロボの顔をマジンガーにしてほしい」と言う要望を出した事によるものということである。作品上直接的な関連はないためマジンガーシリーズではないが、そのデザインの関係からしばしば「偽マジンガー」「日本版テコンV[1]」などと揶揄される事が多い。ただし『ダイナミックスーパーロボット総進撃!!』では、『グロイザーX』や『鋼鉄ジーグ』等他のダイナミック作品と共演を果たしている。

ナック作品の例に漏れず、OP曲だけはかなり出来が良い。唄っていたネバーランドは、かのレイジーのメンバーが中心となって結成されたバンドである(元レイジーメンバーが結成したもう一つのバンドがLOUDNESS)。

ちなみに本放送時の時間帯は、水曜19:30。そう、裏番組にフジテレビ系列であの『うる星やつら』が放送されていたのである。当然うる星の足元にも及ばないナッククオリティに加え、前述のようにデザインがマジンガーZに酷似していたことからもマニアの間でも不当なパチモン扱いされ、ものの見事に大コケしたのは言うまでも無い。

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. 「テコンV」とは韓国のロボットアニメ映画。こちらも主人公メカがマジンガーZに酷似している事で悪名高いアニメである。