恐怖の森の台詞書き起こし

提供:チャージマン研!Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

パパ「ふーっ!ふーっ!ふーっ!ふーっ!」
「やれやれ、火を起こすのは大変だわい」
ママ「まあ、あなたの顔ったら。アハハハ」
キャロンバリカン「アハハハハハハハハハ」
パパ「笑ってないで、早く焚き木でも拾いに行ってきなさい」
三人「ハーイ」
ママ「みんな、あんまり遠くへ行っちゃダメですよー!」

キャロン「アーッ!」
「かわいそうに、撃たれてるわ」
「なんて酷い事を…あ、まだ息があるよ」
キャロン「早く帰って治してあげましょうよ」
「うん」

緑帽子のハンター「おい、その小鳥は俺達が射止めたんだぞ」
赤帽子のハンター「俺達のものだ、早くこっちへよこせ」
「待って下さい!まだ生きているんです。それにこの辺で猟をするのは禁じられてるはずです!」
「だからどうだって言うんだ、鳥の一羽や二羽、どうってことねぇだろ。俺達はそれが楽しみで東京から飛ばしてきたんだぜ?」
「よこせよこのガキ!」
「えーい!」
「ああ!あいてっ!」
「さあ、どうだっ!あ!」
「ガキ!これでもか!?」
バリカン「あ!」
「お!」
「えい!」
「あいたあああ!くそー」
「覚えてろ! ああいてー…」
バリカン「べーーーー、べーーーー」
「さ、早く帰って鳥を治してあげようよ!」
キャロン「うん」
バリカン「いーーーーーー」
「くそぅ、とんだ邪魔が入ったもんだぜ」
「このへんならもう大丈夫だろう、さてと…あ!」
「おい、あれなんだ!?」
「こんなところに建物が…」
「何かの研究所みたいだな」
「あ、あれは!?」
「お、オバケ…なんだか、気味が悪いよ、帰ろうぜ」
「あ、あれは何だ!」
ジュラル星人「ん、怪しいヤツ、ひっ捕えろ!」
「ひええええ!」
「助けてくれぇー!」

「あれ、あの声は何だろう?」
パパ「研、行ってみなさい」
「はいパパ。小鳥は頼んだよ、キャロン」
キャロン「任しといて、お兄ちゃん」

「許して下さい…」
「あんたたちは一体…?」
ジュラル「我々はジュラル星人。海底に本拠を持っているが、さらにこの山奥に第二の基地を築く為に調査しているんだ」
「助けてくれ。俺達は何も…」
ジュラル「もう遅いわ。死んでもらおう」

チャージングGO!!

「待て、ジュラル星人、そうはさせないぞ!」
ジュラル「あ、チャージマン、やっちまえ!」

ジュラル「いやっ!へやっ!」
「えい!」
ジュラル「けやあああ…げやああああああああああ!」
二人組「ああああああああ…」
「おっ!」
「それ!」
ジュラル「ぎやあああああああああああ!」
「あっ!」
ジュラルたち「ケケケケケケケケ、ヘーーッヘッヘッヘッヘッヘッヘ」
ビジュームベルト!!」
ジュラルたち「うわあああああああああああああ!!」
アルファガン!」
「伏せろ!」
「うわ!」
「うお!」

「本当に危ないところをありがとうございました」
「これからはもう鳥や動物を撃つのはやめます」
パパ「よかったね、研」
「うん。お、あれ見て!」
キャロン「さっきの鳥よ」
赤・緑「おお…」
「元気でねー」
バリカン「さようならー鳥さん、元気でねー」
キャロン「元気でねー、気をつけてねー」