パパの特技

提供:チャージマン研!Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

パパの特技とは、第56話「暴走!馬上の研」のワンシーンのことを指す。

概要[編集 | ソースを編集]

なんやかんやあってが暴走し、「いかん、が危ない!」と非常識にも車で乗馬場に乗り込むパパ。しかし行く先には馬が待機していて、車を止めざるを得なくなった。

「研を孤立させるための妨害だ!」と決めつけ(やはり親子である)ると、案の定ジュラル星人の仕業であった。そうとわかるとパパ、冷静に車をバックして迂回。あっさりと妨害を回避する。

研はなんとか暴走する馬から降りるが、馬の速度と力には流石の研も対抗できず([[いくら悪い奴らでも、人間にアルファガンは打てないよ |いくら暴走してても馬にアルファガンは撃てないのだろう]])馬は研を踏みつぶそうと迫る。その瞬間、車に乗っていたパパがなんと馬を轢き殺してしまった(馬は何故か消滅)。馬、お許しください!

ちなみにその後研はジュラル星人をアルファ光線で馬ごと爆殺している。基準がわからない。

ちなみに、パパは第26話「記憶を無くした少女」でも少女を轢いている(ごめんねー、僕のパパが君を車で轢いちゃってー)。このことから、車で轢き殺すことは一部チャーケニストから「パパの特技」と呼ばれている。