ガールフレンドが出来た

提供:チャージマン研!Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

「ガールフレンドが出来た」(でき-)は、『チャージマン研!』の第20話(DVD版では第17話)である。

本編[編集 | ソースを編集]

登場人物[編集 | ソースを編集]

あらすじ[編集 | ソースを編集]

バリカンを後ろに乗せ、口笛を吹きながら道を自転車で走っていた研。そこに突然女の子・ミユキが現れ、急ブレーキをかける研[1]。驚いたミユキは持っていたリンゴを落としてしまう。ミユキに一目惚れした研。二人でリンゴを拾っているうちに手が触れ合って…というお約束シーンを経て、研はミユキを自転車に乗せ家まで送ることに。一方バリカンは自転車に乗せず走らせる。「あいつ、ここで降りたいと言ってたんですよ(笑)

ミユキの家に着いた研。なんでも、ミユキは最近引っ越してきたばかりで、両親はまだ田舎から越して来ず、一人暮らしをしているという。研はミユキに今度の日曜家へ来ないかと誘い、ミユキはそれを受け入れる。ガールフレンドができたとばかり有頂天になる研は、口笛を吹きながら自転車を走らせ帰った。

日曜、研の家。「家族を紹介します」とミユキに両親と妹を紹介する。ところが自分だけ紹介してもらえなかったバリカンは腹を立ててどこかへと行ってしまった。紹介が済んだところでミユキにケーキをご馳走する。そこへバリカンが腹立ちまぎれにハーモニカを吹き始め、突然ミユキが苦しみだした。研の制止も聞かずバリカンがハーモニカを吹き続けると、ミユキの姿が一変。「くそー後一歩と言う時に、苦しいあの曲グァー」。ミユキの正体はジュラル星人だった。

研は、窓を突き破り耳(?)を押さえて逃走するジュラル星人を、背後からのアルファガン攻撃で倒す。「ガールフレンドができたと思ったのにな」と研は寂しそうな表情を見せた。

事件が一段落して、さっきバリカンが吹いた曲を思い出すよう求める研とキャロン。バリカンが言うには「バリカン音頭」という曲らしいがそれは嘘で、もう一度吹くことは無理だと答える。「せっかくジュラル星人の弱点がつかめたと思ったのに」と残念がる研であった。

概要[編集 | ソースを編集]

冒頭のサブタイトルをよく見ると「ガ」の濁点がハート形になっている。

研のお調子者丸出しぶりがうかがえる回。ミユキちゃんが「あのロボットさんは?」と気遣うと「あいつ、ここで降りたいと言ってたんですよ(笑)」。家ではバリカンを家族として紹介しないばかりか、存在に触れようともしない。さらにはバリカンのハーモニカでジュラル星人が正体を現した時も「奴らは、ハーモニカの音が苦手なのか?」とは微塵も考えず、バリカンの演奏が酷いせいだと決め付ける。まあ、本当に酷いんだけど。

「バリカン音頭」に関して、その内ひょっこり思い出すかもしれないと言うバリカンに「頼りにならないなぁ」と研。ジュラル星人の罠を見破って自分の危機を救ってくれた相手に言うか。ちなみに、後にも先にもバリカン音頭が活躍したのはこの回だけだった。また、キャロンを小馬鹿にしたり、他にも逃げるジュラル星人を後ろから撃つという「ヒーローとしてどうなの?」と感じる攻撃を見せた。

以上のように、この回は研のお調子者ぶりだけでなく単純な性悪さまでもがこれでもかというほど目白押しとなっている。

何気にジュラル星人の「耳」に相当する部分が判明する回でもある。バリカン音頭を聴いた際に頬部分(人間の耳にあたる箇所より少し下)を塞いでいるため、ここに聴覚器官があるようだ。

台詞[編集 | ソースを編集]

ガールフレンドが出来たの台詞書き起こし

影響を与えた作品[編集 | ソースを編集]

  • 映画「マーズ・アタック!」(1996・アメリカ)
  • 映画「ガールフレンド・キラー」
  • 映画「ガールフレンド」(LOVE COLLECTIONシリーズ)
  • ゲーム「新世紀エヴァンゲリオン 鋼鉄のガールフレンド」
  • ゲーム・アニメ「ガールフレンド(仮)」
  • 映画・ドラマ「ガールフレンド・エクスペリエンス」

前回・次回リンク[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. ここで研の自転車はミユキにぶつかったようにも見えるし、ぶつかりそうになったようにも見える。衝突の際の効果音はない。これはSEがサボってるだけでぶつかった可能性あり。