銀行ギャング キャロンが危ないの台詞書き起こし

提供:チャージマン研!Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

モブA・B「はぁはぁはぁ」
キャロン「それ!それ!それ!それ!」
バリカン「スピード落としてよぉ~怖いよキャロン~」
「あら、あら、あら…キャキャキャローン助けてキャローン」

茶髪の男(劣化ASKA)「あの中のキャロンというのがチャージマン研の妹だ」
サングラスの男よし!早速かっさらって人質にし、研を亡き者にしようぜ
茶髪の男(劣化CHAGE)「待て。もう少し様子を見てからでも遅くあるまい」

女性・男性「アァ!」「アァ!」「あ、ぁぁ…」
銀行ギャングA「ふふふ…死ねぇ!」

女性・男性(悲鳴)

女性・男性(驚きの声)

銀行ギャングA「ん?」
警察「銃を捨てろぉ。無駄な抵抗はやめるんだぁ」
銀行ギャングA「うるせいや!こうなったら、皆殺しだ!」

「あ?あっ!」
バリカン「アイヤー」
キャロン「アー」
バリカン「あらータスケテー」
キャロン「キャー!止めてー!タスケテー!キャー!」
バリカン「あらあら…」
人々「あぁ…!」
キャロン「キャー!」
「あ!キャロン!」

キャロン「撃たないで!」
銀行ギャングA「やい!神様達は俺達の味方だったらしいな」
「このガキの命が惜しかったらおとなしくしてろ!」
「さぁ!歩くんだ!」

バリカン「研、早くギャングたちにチャージングGOをやってよ」
「ダメだよ。いくら悪い奴らでも、人間にアルファガンは撃てないよ
バリカン「じゃ、キャロンはどうなるんだい?」

銀行ギャングA「おう、ずらかろうぜ」
銀行ギャングB「はっ」

銀行ギャングA「一歩でも近づいてみろ!このガキの頭に風穴が開くぜ」

茶髪の男・サングラスの男「ダァー!」

「あ、キャロン、あれ?」
バリカン「あらら?キャロンがいないよ?」
「あの?人質にされた女の子は?」
警察知らんな
銀行ギャング「あの野郎たち、三発は弾丸を食らっているのに血も出なかったぜ」
「あっ!」
チャージングGO!!

茶髪の男「来たな、チャージマン」

茶髪の男「あっ」

「それっ」
「僕の妹をどうする気だ!」

茶髪の男「コイツはお前をおびき出す罠さ」
「お前達は!?」
ジュラル星人「ぎゃああああああ」

キャロン「お兄ちゃん」
「よかった、キャロン大丈夫?」

研・キャロン「アハハハハ」
バリカン「ホイホイホイホイホイ…」
「あららららららら…、いってぇ」

研・キャロン「アハハハハハ…」
バリカン「エェ〜ハレハレハレ…」
「ダメだコリャ」