「戦慄!悪魔の病院」の版間の差分

提供:チャージマン研!Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
(動画の埋め込み方法を変更)
2行目: 2行目:


== 本編 ==
== 本編 ==
<youtube>https://www.youtube.com/watch?v=FbFqFHaDeAQ</youtube>
<youtube>FbFqFHaDeAQ</youtube>


== 登場人物 ==
== 登場人物 ==

2022年6月30日 (木) 22:36時点における版

「戦慄!悪魔の病院」(せんりつ!あくま-びょういん)とは、『チャージマン研!』の第36話(DVD版も同様)である。

本編

登場人物

あらすじ

ある夜の病院、1人の赤ちゃんが産まれる。分娩室の外で待っていた父親は、聞こえてきた産声に大喜びするが、現れた看護師の様子がおかしい。中に入った父親は、赤ちゃんの様子を覗いて恐れおののいた[1]

病院の調理室では、怪しい女たちが、病院食に次々と何かを混ぜていた。患者や赤ちゃんを産んだ母親の様子に異変を感じた医師がそこに飛んできた。不気味に笑う女たち。彼女たちは病院食に工場廃液を混ぜ、生まれてくる赤ちゃんをガラクタ同然にし、そして人類を根絶やしにしようとしていた。医師は逃げ出すが、女の一人が放った光線を浴び消滅してしまう。

台車に病院食を乗せ、病室へ運ぶ女たち。しかしどの病室にも患者がいない。驚く女たちの前にが現れた。彼女たちジュラル星人から守るべく、すでに患者たちは安全な場所に避難させられていた。病院食を運んでいたジュラル星人をアルファガンで倒した研は、調理室にいたジュラル星人も倒す。その後研はスカイロッドに乗って他の病院を回り、同じく工場廃液を混ぜていたジュラル星人たちも倒した。ジュラルの円盤にて、マッドグリーン作戦が失敗したことを悔しがる魔王。「チャージマン研め、今に見ていろ!」。

産まれたばかりの赤ちゃんをあやす研。ニュースで奇形児の話を聞き機転を利かせた研のおかげで、多くの人々が救われた。研にかわり赤ちゃんをあやすバリカンだったが、バリカンによだれをたらす赤ちゃん。その様子を見て研たちが笑い、夜は更けていった。

内容について

  • 今日なら確実に放送不可能と思われるチャー研屈指の問題回(恐らく本当の意味でのキチガイ回)。何より既にマッドグリーン作戦が実行され奇形児が生まれてしまった後にようやく研が乗り出したことが、後味が悪く感じられる。
  • 精神病院回といい、チャー研スタッフは病院に何か怨みでも持っていたのだろうか?
  • 「工場廃液」という当時の公害問題や、それを悪事に利用するジュラル星人の徹底した悪役ぶりを描いたこのエピソードは半分評価されてもよい。因みに、この回の魔王は完全にチョイ役であり、上述の通りワンシーンだけしか出番が無い。
  • 人間を根絶やしにするために工場廃液を利用していたジュラル星人たちだったが、逆にその工場廃液を浴び消滅させられてしまったのは皮肉である。
  • この回から変装バンクにSEがつくようになった。

台詞

戦慄!悪魔の病院の台詞書き起こし

主な台詞

補足

キッズステーションにおいて「チャージマン研!」を再放送していた際、放送されなかった回の一つでもある[2]

「奇形児」というワードが使われているために放送を見送ったのだろう。だがAT-Xの方は無修正で再放送していたとか。

影響を与えた(であろう)主な作品

  • 悪魔の赤ちゃん(原題:IT'S ALIVE)
  • ダニエル/悪魔の赤ちゃん(リメイク版)

前回・次回リンク

脚注

  1. 作中では赤ちゃんの姿は描かれていない。
  2. しかしキッズステーションの公式YouTubeチャンネルでは配信された。