ジュラル聖人

ジュラル聖人」とは、なぜかいい悪役である。

概要編集

ジュラル星人は本来、人間を滅ぼし地球を征服するのが目的である悪役だが、「危機!爆破1秒前」「ハイジャックをやっつけろ!」では悪人を倒し、「地球を守れ!」「銀行ギャング キャロンが危ない」においては明らかに人間の命を救ってしまった事もあり、淡々としていてどこか人間味のない情け無用なと対比させる意味でこう呼ばれる。

主な行動(間接的な例も含む)編集

第3話「蝶の大群が舞う 絶滅の危機に瀕していた蝶を50年前に救い出す。もっとも、殺人蝶に改良し、地球侵略の道具にしてしまったが。
第8話「ジュラル星人X-6号 魔王に「研を殺せ」と命令されるものの、捨てたはずの感情が残っていた故に、殺さなかったX-6号魔王様「俺たちジュラル星人は感情などという下等なものはとうの昔に忘れた筈だ(怒)
第11話「地球を守れ! 研たちと協力し、アイアン星衝突の危機を回避。
第19話「銀行ギャング キャロンが危ない 人質になったキャロンを救出した劣化チャゲアス。尤も、研をおびき出す為ではあるが。
第31話「危機!爆破1秒前 養子である小泉ヘレンを毎日のように虐待しており、さらには金目当てで同じ仲間であるはずの人間を見殺しにしようとした白ダブルスーツ男を、「お前みたいな人間は真っ先に消えろ!」と始末する。
第37話「ハイジャックをやっつけろ! 革命野郎に立ち向かった牧師さん。「やめなされ、そんな無益な殺生はやめなされ」。
第41話「シンデレラの少女 継母から奴隷のように扱き使われていたルミ子を助けたジュラル聖人様
第43話「カメラのファインダーを覗け! 人間社会に潜伏するうちに心境が変化し、人々を殺す任務を遂行できなくなったJ-7号。「心だよ!感情だよ!地球の人々は守りあっている!美しいものに、泣くことさえあるんだ!!」。

勿論、ジュラル星人の目的はあくまでも本来は地球侵略の作戦の為であることを忘れてはいけない。X-6号J-7号のように人間を殺す使命を果たせず最期まで善良な心を残していた例外こそいるが、彼らは温情を捨て地球を支配すべく人類と敵対する存在である事に変わりはないのである。むやみやたらに「ジュラル聖人」と呼ぶと数少ないジュラルアンチを怒らせるため、節度をもって使うこと(本気で「ジュラル聖人」と思わず、あくまでも「ネタの一種」として楽しもう)。

ちなみに逆に悪人らしいジュラル星人は

と、これ以外にも数々の作戦で地球人を大量虐殺とかも普通にしていたりする。